温泉

旅館グリーン荘

046-62-3584

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上234
【湯河原駅から無料送迎あり】

イングリッシュインフォ オンライン予約

予約の確認・取り消し

宿泊約款

宿泊プラン

  • 団体様・貸切プラン
  • グループプラン
  • お一人様プラン
  • 客室・館内
  • 温泉
  • お料理
  • 周辺観光案内
  • 季節のみどころ
  • お知らせ
  • おかみブログ
  • よくある質問

おかみブログ

  • 恋しい青空
    毎日、スッキリしない天気。
    青空が恋しくなります。
    せめて、家の中ではと、
    ...
    続きを読む
  • 毎日縁日
    湯河原恒例、納涼縁日。
    20日まで、毎日開催しています。

    雨でもやるの?...
    続きを読む
  • 猫の舌

    熱海銘菓
    三木製菓の猫の舌
    これ、おすすめ!
    絶対美味しい!!...
    続きを読む
  • 今朝チェックアウトの時、
    お客様のお子様が、紙コップを大事そうに持っていました...
    続きを読む
  • 嬉しい便り
    常連のお客様からお手紙。

    開けてみると、写真。

    前回いらした時、奥様...
    続きを読む
  • サンバパレード&手筒花火

    明日は、19時からサンバパレード🎶
    サンバの踊り子さん...
    続きを読む
  • 7月29日空室出ました
    7月29日(土曜日)は、サンバパレードの日ですね。

    なんと、本日キャンセル...
    続きを読む
  • 夏の湯河原温泉イベント情報
    夏は湯河原イベント盛り沢山!
    皆さんお出かけくださいね〜

    7/29 サン...
    続きを読む
  • 七夕飾り
    もうすぐ七夕。
    玄関の飾りが変わりました。
    七夕飾りは、母作の縮緬細工。
    ...
    続きを読む
  • 温泉入浴体験教室でした
    今日は、毎年恒例の温泉入浴体験教室でした。
    湯河原町の小学3年生を対象に、町営...
    続きを読む
ブログ一覧へ

お知らせ

  • イベント情報〜納涼縁日
    毎年恒例の夏のイベント、納涼縁日。

    8月20日まで、毎晩開催しております。...
    続きを読む
  • イベント情報〜ほたるの宴
    6月1日から6月11日まで、ほたるの宴開催中

     

    万葉公園...
    続きを読む
  • 利用可能カード追加
    この度、利用可能カードが追加されました。

    全部で6社となりました。

    ...
    続きを読む
  • カード決済開始のお知らせ
    ご利用代金のお支払いに、フロントでカード決済ができるようになりました。
    現在は...
    続きを読む
  • 館内のWi-Fiについて
    館内のWi-Fiのご利用について

    先日、工事が終わり、回線を光に変更し、業...
    続きを読む
お知らせ一覧へ

湯河原の観光

湯河原の歩き方

周辺の観光案内

季節の見所

グリーン荘LINEアカウント

 » 温泉

TOP > » 温泉
湯河原の泉質と効能

湯河原の泉質と効能

古くから名湯と伝えられる湯河原温泉。
泉質は弱食塩泉・弱アルカリ性という泉質としては理想的なもので、一言でいえば「肌にやさしい温泉」です。サラサラと肌のあたりが柔らかで、温泉でありながら石鹸の泡立ちが良く、湯冷めをしないという特徴をもっており、効能も実に幅広いものです。切り傷、打撲、外傷をはじめ、神経痛や腰痛、婦人病には特に大きな効能があります。

万葉の時代から愛されてきた名湯

あしがりの とひのかふちに いずるゆの よにもたよらに ころがいはなくに「足柄の土肥(湯河原)の河淵に湧く温泉の、決して絶えそうもないように、二人の仲が絶えそうにはあの子はいわないのだが、私は心配で仕方ない」と解釈されるこの歌は、日本最古の歌集「万葉集」4,500首のなかで唯一、温泉がうたわれたものと言われています。湯河原の深い渓谷でこんこんと湧く温泉が、歌人の心を刺激したのでしょうか。遠い昔の湯河原の様子が、とても素直に伝わってきます。

万葉の時代から愛されてきた名湯
弱食塩泉が心と万病にじんわりと効く

弱食塩泉が心と万病にじんわりと効く

古来より湯河原の湯は”薬師の湯”と呼ばれ、打撲、外傷、リューマチ、神経痛、皮膚病、婦人病などに悩む人たちの保養湯治場として栄えてきました。特に明治以降は多くの文人、画家たちが静養に訪れました。画家では竹内栖鳳、安井曽太郎、歌人では与謝野鉄幹、晶子夫妻。さらに国木田独歩、芥川龍之介、志賀直哉、島崎藤村、夏目漱石など、文豪たちもしばしば訪れ、創作の疲れを癒していたのです。もっとも湯河原とゆかりの深い国木田独歩は、最後の湯河原来訪の際に書いた「湯河原ゆき」のなかで、こう綴っています。「湯河原の渓谷に向かった時は、さながら雲深く分け入る思いがあった」この一節は、万葉公園の文学碑と湯河原に暮らす人たちの心の奥に刻まれています。

泉質について

泉質 ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉(弱アルカリ性 低張性 高温泉)
温泉温度 60度位
色 無色透明
におい 無臭
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、
くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、
きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症
禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、
呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、
その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)

アメニティサービス

アメニティサービス

グリーン荘四季 正しい温泉の入り方

温泉の温度に体を慣らします。足から腰、指先から肩と、胸から遠い順、最後に頭(脳貧血を防ぎます)。
多くの方が利用する浴室です。湯ぶねの湯を汚さないために身体を洗ってから入浴しましょう。
いきなり全身で入浴する前に半身浴で体を慣らしましょう。半身浴はおへその高さが目安です。
入浴時間は、おでこや鼻の頭が汗ばむ程度が目安。汗が多く流れ出たり、動機がするほどの長湯は控えましょう。
脱衣室を皆様で気持よく利用するためにハンドタオルで身体を拭いてから脱衣所に出ましょう。
発汗により体内の水分は少なくなっています。お水やスポーツドリンクなどで体をうるおしましょう。
入浴中はエネルギーが消費されます。また、血圧も変動しますから、体調が安定するまで少し休息を。体と髪を乾かして湯冷めをしないようにしましょう。
  • 心安らぐ和風な館内
  • 女将の手料理
  • 一晩中源泉掛け流し
  • 0465-62-3584
  • アクセス
  • お問い合わせ